投資コンパス

サラリーマン×投資×ブログで月60万円を目指すブログ

トラリピのNZD/USDを見直して、長期投資を見据えたディフェンシブな運用をしていきます。

 

f:id:shoonkazu:20181212222505j:plain

 

マネースクエアのトラリピが人気ですね!

私も今年の7月から使っていますが、設定の自由度が高く非常に気に入っています。

 

しかし、儲かっているからこそ手堅い運用をしていきたいと考えています。

 

買っている時こそ「少しくらい大丈夫だろう。」と根拠のない自信で投資をしてしまいがちです。

 

 

 

 

現在のトラリピ設定について

マネースクエアのトラリピについてはこれまでNZD/USDの通貨ペアで運用してきました。

 

🔽私の設定については以下の通りです。

 

いトラリピ

f:id:shoonkazu:20181212071833p:plain

 

りトラリピ 

f:id:shoonkazu:20181212072817p:plain

 

トラリピで資産運用している人であれば、すぐになぜ私が設定を見直そうとしているかわかるはずです。

 

そう、レンジ内のすべての注文が成立した時にロスカットされてしまうんですよね(笑)

 

これでは急な相場変動に耐えられるわけがありません。

 

運用方針をどのように考えるべきか?

これまでは利益優先でどのようにすればもっと儲かるかを考えていました。

 

もちろん資金効率が良い投資が効果的なのは当たり前ですが、

コツコツ貯めた利益が吹っ飛ぶのが最もこわいリスクです。

 

トラリピの勝ち方は 2種類のどちらかしかありません。

 

 

私は大暴落が来た時に加資金を入金する勇気がないので、とにかくレンジを広くとってどこまでも耐える方針です。

 

人間の精神状態って焦っている時ほど正常ではなくなりますからね。

 

つまり、リーマンショック級の暴落にでも耐えることができるロスカットラインの設定が最も重要という結論に至りました。

 

🔽下図は2002年5月から2018年12月現在までのNZD/USDの為替チャートです。

 

f:id:shoonkazu:20181212204327p:plain

 

2015年以降は0.6000ドルから0.7000ドルの範囲を行ったり来たりしていて、2018年12月11日現在で0.6894ドルとなっています。

 

リーマンショックが起きた2008年9月以降は2009年3月に0.4899ドルの安値をつけました。

 

ここ5年間を見れば0.6000ドルを下回らないようにロスカットラインを設定すればよかったですが、リーマンショックまで遡ると0.4899ドルまで下がっても耐えうるようなロスカットラインを設定しなければいけません。

 

ここでもう一度、私の買いトラリピの設定を見てみましょう。

 

いトラリピ

f:id:shoonkazu:20181212071833p:plain

 

もうわかりますよね(笑)

 

リーマンショックはおろか、ここ5年間の最安値にすら耐えることができない設定になっていたんです。

 

私の設定で東京15時ロスカットは0.6500ドルですので、ちょっとした景気の悪化でもロスカットになりうるラインにいたということですね。

 

自分でもよく半年間もこんな設定を続けていたなと思います。大きな暴落が来なくて本当に良かった。。。

 

私が考えるNZD/USDの手堅い設定

先ほどお伝えしたように、私は「自分の資産を守るディフェンシブな運用」を方針として運用していきます。 

 

それを前提にリーマンショック級のロスカットを前提にトラリピ設定を考えてみました。

 

【75万円ver】

いトラリピ

f:id:shoonkazu:20181212210756p:plain

 

注目は東京15時ロスカットの金額ですね!

 

リーマンショックの時に記録した最安値である0.4899ドルを下回る金額になっています。

 

つまり、リーマンショックと同規模の暴落にはほぼ耐えうることができる設定ということです。

 

りトラリピ 

f:id:shoonkazu:20181212212854p:plain

 

75万円を用意するのは難しいという方は、レンジ内に仕掛けるトラップの本数を減らすことで必要資金を下げることができます。

 

【45万円ver】

いトラリピ

f:id:shoonkazu:20181212211111p:plain

 

75万円のときと比較してトラップ値幅が0.0040ドルから0.0071ドルになりました。

 

りトラリピ 

f:id:shoonkazu:20181212213043p:plain

 

必要資金を下げたので決済する回数は減りますが、45万円でも充分に運用は可能です。

 

このように常にロスカットを意識した投資手法を考えていきます。

 

まとめ:運用方針にしたがって手堅い投資をしよう!

稼げば稼ぐほど、ムチャな投資に走りがちですが、自分の資産を失っては元も子もありません。

 

かのウォーレン・バフェットでさえ年利20%を目標に運用していたわけですからね。

 

私はトラリピで35万円を運用して8万円ほど儲かっていましたので、年利20%を超え充分に利益を享受できていたわけです。

 

儲かりすぎている状態だったので、一度冷静になるタイミングが必要だと考えました。

 

マネースクエアのトラリピは儲かりやすい運用の1つだと思いますが、下落時には大損する可能性もあるので常にリスク管理が必要です。

 

ロスカットされないようマイルールを設定して、長く投資の世界に生き残っていたいですね!

 

マネースクエア