投資コンパス

サラリーマン×投資×ブログで月60万円を目指すブログ

今日からすぐにできる!ぼくが投資資金を作るために実践している5つの節約術

 

f:id:shoonkazu:20180913232105j:plain

 

インヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設はこちらから

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

サラリーマンのみなさん、投資はしていますか?

 

サラリーマンだと会社の飲み会やランチ、スーツのクリーニングなどお金のかかることが多いですよね。

 

今回は「投資には興味あるけど、なかなか投資にお金を回せない…!」という方のためにぼくが実践している節約術を公開します。

 

 

紹介する5つはどれもすぐに始めることができるので、この記事を見たら実践してくださいね。

 

 

今の時代は100円から投資できるので、本当に行動あるのみ!動かなきゃ損ですね。

やったもん勝ちです。

 

前提として:切り詰めた節約は続かない

  

 

まず ツイートにもある通り、辛いことは絶対に続かないので、無理な節約は禁物です。

まずは「今」を最高に楽しむ。これに尽きます!

 

今の生活を楽しみながらできない投資は絶対に続かない。そう覚えておいてください。

この前提を持って、小さくコツコツ貯金と投資をしていきましょう。

 

繰り返しになりますが、ぼくのマイルールは「今の生活を楽しみながらできない投資は絶対に続かない。」です。

 

①携帯電話を大手キャリアから格安SIMに切り替える

 

これは王道中の王道ですね。

 

ホント未だに大手キャリアを使っている人がいて、逆に驚いているくらいです。

格安SIMに変えない理由は全くないので、まだ大手キャリア使っている人はこれを見て今すぐに変更してください!

 

元々、ぼくはソフトバンクを使っていて、月によりますが9,000円近く払っていました。今考えるとホント高いな…!

 

▼ぼくが支払っていたソフトバンクの携帯料金

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shoonkazu/20170226/20170226160615.jpg

 

今ではLINEモバイルに変更し、月々1,500円以内に収まっています。ソフトバンク時代から比較すると、その差7,300円程度です。

 

 

 

f:id:shoonkazu:20180913215523p:plain

 

以前に格安SIMに変更したときに書いた記事があるので、参考にしてみてください。

 

▼参考記事

www.shoonkazu.com

 

家計の支出うち固定費は見直しやすい項目です。

電気や水道をこまめに止めることも大切ですが、携帯を格安SIMに変更するだけで月7,300円節約できるのはインパクト大です。

 

どんな節約よりもまず格安SIMへの変更を優先しましょう。

 

 

そして、大切なことはやらないことを決めることですよ。

ぼくは「自家用車」をやめて、レンタカーやカーシェアリングを使う生活を送っています。

 

平日、車に乗ることがないので、土日に移動するためだけで十分です。

自家用車の購入費だけでなく、自動車税などの税金も節約できていることになりますね。

 

普段、固定費として支出している「車」、「家」、「習い事」などは見直す価値がある項目です。何かと支出が多いのがサラリーマンです。今一度、余計な固定費がないか確認し、「やめる」ことをしてみましょう。

 

②「4分の1貯金法」を活用する

節約というわけではありませんが、投資資金を作るために本田静六が実践していた「4分の1貯金法」もすぐに実践できるテクニックの1つです。

 

例えば、給料が20万円入ってきたら強制的に4分の1にあたる5万円を先に貯金に回す方法です。

 

貯金を後回しにしてしまえば、人間の心理から言って間違いなく使ってしまうことに気付いた本田静六は、給料が入ったらすぐに別の預金口座に貯金額を写していたそうです。

 

彼はこの貯金術を駆使して、のちに山林などに投資した結果、100億円を超える資産額を突破したそうです。

 

「4分の1貯金法」が辛いと感じるのであれば、マイルールを設定して「5分の1貯金法」や「6分の1貯金法」に変えてしまえばいいんです。もっともダメなのが、「無理な貯金」を続けることですからね。

 

 

③ふるさと納税を活用する

ふるさと納税も活用していない人が意外に多くてびっくりしています。

今年は2万円くらいですが、シャインマスカットや野菜の詰め合わせ、ビールを頼んでいますよ。

 

f:id:shoonkazu:20180913231031p:plain

f:id:shoonkazu:20180913231041p:plain

f:id:shoonkazu:20180913231054p:plain

もし3万円寄附したとすると、来年の所得税と住民税が28,000円安くなります。その分のお金を支払っているので、当然といえば当然なのですが、お礼の品までついてくるので言うことなしです。

 

ふるさと納税もやっておいて損はない節約術ですよ。

 

f:id:shoonkazu:20180913231312p:plain

 

▼楽天ふるさと納税のサイトです

search.rakuten.co.jp

 

④個人型確定拠出年金を利用する

 

個人型確定拠出年金のiDecoは絶対にやっておくべき節約+投資です。

ぼくは1年前から始めましたが、もっと早いうちからやっておくべきだと後悔しているくらいです。

 

ボブさんのツイートにもあるようにiDecoは、国が奨励しているもので投資をしていると税金まで安くなります。投資できてなおかつ税金の節約にもなるなんて他にありません…!毎月12,000円を投資して、税金は年間2万円くらい控除できています。

 

f:id:shoonkazu:20180913225012p:plain

 

SBI証券 iDeCoをはじめる】

 

ちなみにぼくは1年で5,500円くらいの運用益が出ています。

運用利回り4.89%なので、かなり投資効率もいいです。

 

  

f:id:shoonkazu:20180913222552p:plain

 

iDecoのように国が奨励している制度は税金面で優遇を受けることができるので、積極的に活用していくべきです。例えば、先ほど紹介したふるさと納税やNISA、小規模企業共済等掛金控除はおすすめです。

 

 ▼参考記事

www.shoonkazu.com

  

 

⑤楽天ポイントを活用する

 

楽天市場や楽天カードを使っている人なら、一度はポイントを貯めたことがあるはず。

実はあの楽天ポイントって投資信託の購入に使えるんですよ。

 

結果は▲281円なんですが、8,199円は全てポイントだと思えば痛くも痒くもないです。むしろ、毎月楽天カードを使った分が投資信託の購入代金に当てることができているので気楽です。

 

早く上がればいいなくらいの軽い気持ちで待っています。

 

f:id:shoonkazu:20180913225551p:plain

 

ちなみに今年の10月からは楽天カード払いでの投資信託も可能になるそうですよ。

楽天すごすぎるので、クレジットカード、銀行、証券の御三家は全て楽天にしています。

 

▼楽天カードを使った投資信託も可能になります…!楽天すごい…! 

 

まとめ:余裕資金を作って投資しよう!

 

いかがでしたでしょうか?

 

5つの節約術をご紹介しましたが、どれも簡単にすぐ始められるものばかりです。

今すぐはじめて若いうちから投資の基礎を作っていきましょうね。

 

もちろんインヴァスト証券「トライオートFX」にもこれからどんどん投資していきますよ。

 

実際にFX投資をはじめてわかることも多いので、少しでも魅力を感じていただけていれば、下記から口座開設できます。是非やってみてくださいね。

 

トライオートFXの口座開設はこちらから

 

▼30代サラリーマンが簡単にできるFX投資術を公開中