投資コンパス

サラリーマン×投資×ブログで月60万円を目指すブログ

COMSAって何?今後伸びていくであろう企業の資金調達方法を解説

 

f:id:shoonkazu:20170826163006j:plain

 

どうも、投資にハマっているしょーかず(@shoonkazu)です。

 

みなさん、COMSAは知っていますか?テックビューロという会社が行おうとしている仮想通貨を使った新しいビジネスの仕組みなんですが、最近注目を浴びています。

 

今日はそんなCOMSAについて、紹介します!

 

 

COMSAとは?

f:id:shoonkazu:20170825071756p:plain

 

引用:COMSAホームページより

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSAは、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

 

難しいことが色々と書いていますが、COMSAは企業のICOによる資金調達と仮想通貨取引の仕組みにもなっているブロックチェーン技術を実際のビジネスにおいてサポートするものです。

 

仮想通貨は世界の通貨の仕組みを変えるかもしれませんが、根底にはこのブロックチェーンという仕組みがあるからだと思っています。ブロックチェーンの仕組みについては、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

ICO?

ICO(Initial Coin Offering)とは、株式会社の新規公開株の意味であるIPO(Initial Public Offering)をもじった言葉です。これを仮想通貨を使って行おうとしているのがICOです。一般的に企業が資金調達を行うために、IPOをなるべく投資家に買ってもらえるように廉価で売り出します。そこで、実際に上場すると値上がりする傾向にあります。

 

トークン?

トークンは株式市場でいう株式のことですね。今回COMSAではトークンセールを実施しており、事前登録をすることで10月2日14時からトークンを購入することができます。

 

COMSAトークンセールの事前登録はこちらから

 

このCOMSAでの資金調達がうまくいけば、トークンの価値は今後上がっていきそうですね。ぼくも30万円ほど買っておこうと思っています。

 

COMSAでICOでの資金調達を行う会社

株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証2部)

株式会社CAMPFIRE

 

上記の2社がCOMSAを利用した資金調達をすることが発表されました。

 

ちなみに株式会社プレミアムウォーターホールディングスは、ICOによる資金調達を公表後、株価がおよそ1.5倍まで上がりました。

f:id:shoonkazu:20170826154854p:plain

 

COMSAトークンはどうなっていくか?

 

かなり期待のできるCOMSAですが、まだまだ仮想通貨自体が乱高下しています。ただ、COMSAの仕組み自体は非常に面白いので、今後も期待していきたいと思います。