ぜんぶやる!

人生に常に新しい風を吹き込む

マレーシア旅行記④チャイナタウンから帰国へ

 

 

f:id:shoonkazu:20170520120545j:plain

 

無事にクアラルンプールまでたどり着くことができました。今日で4泊5日の旅もいよいよ最終日です。

 

 

さくっと2回目のスリマハマリアマン寺院へ

前回は中に入らなかったので、今回はせっかくということで見学してきました。

 

 

詳しい礼儀・作法はよくわかりませんでしたが、日本のお寺のように静かで不思議なパワーを感じる空間でした。

 

あまり場違いなこともできないので、おとなしく退散。

 

 

さて、何を食おうか。

 

まずは宿からチャイナタウンが近かったので、腹ごしらえ。

 

今日はホッケンミーと呼ばれるマレーシアの麺料理を食べました。

 

 

クアラルンプールを街ブラ

朝ごはんを食べてPasar Seni駅周辺をぶらぶらして宿まで戻ることに。

 

ぼくらが宿泊しているゲストハウスoasisはチェックアウトが午後2時という緩さ。

 

荷物を気にせずに街を歩けるのは最高です。

 

 

マレーシアに到着して2日目に来たシティギャラリーを脇目にマスジット・ネガラを目指すことに。

 

いわゆるモスクのことですね。

 

中はがらんとしていて30℃を超える外の暑さの凌ぐにはちょうどいい休憩スペースです。

 

f:id:shoonkazu:20170520144733j:image

 

内部の見学をする際には、男女問わず紫色の衣類をレンタルすることになります。

 

 

事前に長袖・長ズボンで来る必要はないので良心的です。

 

f:id:shoonkazu:20170520144744j:image

 

 

近くにバードパークもあったんですが、今回は断念。

 

タクシーでゲストハウスに戻りました。

 

 

青の神秘ブルーモスクへ

この旅で最後の観光地となるブルーモスクに行くことにしました。ブルーモスクへの行き方は2種類あります。

 

1. タクシー
2. 電車

 

【①タクシーの場合】

KLセントラル駅の2階にあるタクシーのチケット売り場を目指しましょう。そこで受付のお姉さんに行き先を伝えます。

 

ちなみにぼくらはブルーモスクまで55RMかかりました。日本円にして1,400円ほど。お金を払ってタクシーチケットを受け取ったら、すぐそばにタクシー運転手が待っているので手渡すだけです。

 

前払い制なのでぼったくられる心配はないのがいいところ。ただし、少し料金は割高です。 

 

 【②電車の場合】

KLセントラル駅からは下図の赤いPORT KLANG LINEを使います。

 

ブルーモスクの最寄駅はShah Alam駅です。

 

ただし、駅から歩いて行けそうな距離なんですが、歩きは絶対にやめた方がいいです。

 

道無き道を歩いて行くハメになるので、ここはおとなしくShah Alam駅からタクシーを使いましょう。

 

タクシーの運転手には「Blue Mosque(ブルーモスク)!」と伝えればOKです。

 

10分ほどでブルーモスクまで連れていってくれます。

 

 

f:id:shoonkazu:20170511225857p:plain

 

ブルーモスクと言えば、トルコのイスタンブールかもしれませんが、クアラルンプールのブルーモスクも負けていません。

 

個人的にはクアラルンプールでの観光の中で、ペトロナスツインタワーに並んで行ってよかった場所でした。

 

内部は無料の見学ツアーを行っていて、30分ほどイスラム教徒のおじさんが案内してくれました。

 

 

英語での見学ツアーになるので、ところどころ聞き取れないところもありましたが、おっちゃんがぶっ飛んだ人でかなり面白い見学ツアーです。

 

f:id:shoonkazu:20170520144902j:image

 

やっぱりプライオリティ・パスは最強 

f:id:shoonkazu:20170520160410j:plain

 

友人と別れを告げて、KLエクスプレスでKLIA2に到着しました。

 

ぼくは深夜便での帰国だったので、事前に調べておいたPLAZA PREMIUM LOUNGEを探すことに。

 

海外のラウンジは日本のラウンジよりもスペックが高く、シャワールームがあったり、シャンパンやワインがあるラウンジもあります。

 

f:id:shoonkazu:20170520161101j:plain

 

やはりシャワーを浴びてぐっすりと機内で眠りたいものです。

 

ちなみにシャワールームの様子はこんな感じ。

清潔感があって湯量も問題なしです。

 

ドライヤーも常備されているので、余計な心配をしなくてすみます。

 

f:id:shoonkazu:20170520161016j:plain

 

こちらはPLAZA PREMIUM LOUNGEの軽食。

 

サラダが中心でヘルシーな料理が多くありました。

 

 

帰国前にさらっと何かお腹に入れたいときには、ちょうどいいかもしれません。

 

f:id:shoonkazu:20170520144836j:image

 

f:id:shoonkazu:20170520161723j:plain

 

帰りもエアアジアのビジネスクラスを利用して帰国しました。

 

離陸してすぐにぐっすり寝ることができたので、起きたらあと1時間ほどで着陸でした。

 

ビジネスクラスは本当に快適です。

 

LCCのビジネスクラスなら、タイミングによっては一般的な航空会社のエコノミークラスよりも安く取れる可能性があるので、ぜひセール情報は見逃さずにチェックしておきましょう。

 

・海外旅行の移動が苦痛でお金が高いと感じている人は、格安航空会社のビジネスクラスは狙ってみよう。