投資コンパス

サラリーマン×投資×ブログで月60万円を目指すブログ

【おすすめ】投資歴2年の投資家が厳選する「つみたてNISA」でおすすめの銘柄2選を紹介

 

f:id:shoonkazu:20180917221031j:plain

 

現行のNISAやジュニアNISAに加えて、2018年1月から「つみたてNISA」が始まりました。「iDeCo(個人型確定拠出年金)」も含めて本当に色々な制度や商品が変わっていきますね。

 

今回は「つみたてNISA」に関するおすすめ銘柄について紹介します。

 

 

結論から言うと、「つみたてNISAは最大限活用すべし!」です。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)やNISAは国が奨励しているサービスなので、運用しておけば税制上のメリットを受けることができますよ。

 

個別の株式や投資信託に投資するよりは、まずiDeCo(個人型確定拠出年金)とNISAに投資することが健全な投資だと考えます。

 

「つみたてNISA」とは何か

 

みなさんもボブさんのツイートにあるような状態でしょうか。

 

「つみたてNISA」について、金融庁のホームページには以下の通り記載があります。

 

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(対象商品についてはこちら)。

 

▼つみたてNISAの制度概要(出典:金融庁ホームページより)

利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(※2
非課税投資枠 新規投資額で毎年40万円が上限(※3)(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
投資対象商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(対象商品についてはこちら
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
  • 販売手数料はゼロ(ノーロード
  • ・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • ・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • ・分配頻度が毎月でないこと
  • ・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
  1. *1 …0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。
  2. *2 …NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。また、NISA口座内で、つみたてNISA一般NISAを1年単位で変更することも可能です。ただし、つみたてNISAですでに投資信託を購入している場合、その年は他の金融機関又は一般NISAに変更することはできません。
  3. *3 …未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。

 

金融庁が直々に「長期・積立・分散投資を支援する仕組みだ」と言っていますので、これは複利効果を狙って最大限に「つみたてNISA」を活用するべきだと考えます。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)もそうですが、節税メリットがある投資はかなり利益が出やすい仕組みになっていると言えますね。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)については以前にまとめた記事があるので、こちらをどうぞ。

▼参考記事

www.shoonkazu.com

 

つみたてNISAのメリット

「つみたてNISA」は、iDeCo(個人型確定拠出年金)と同様に投資を促進させる政策の1つなので、税制面の優遇や投資初心者でも投資を始めやすい仕組みづくりが充実しています。

 

ぼくが考える「つみたてNISA」のメリットは3つあります。

 

メリット①:運用益が非課税になる

通常は投資信託の売却益や配当金に対して、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)の税金がかかりますね。

 

つみたてNISAはこの分の税金がかかりません。

 

早いうちから長期を見据えた投資をしておけば、多くの利益を見込むことができますので、やはり非課税になるのは大きいですね。

 

メリット②:いつでも運用資産を引き出すことができる

iDeCoだと原則60歳まで運用しているお金を引き出すことはできませんが、つみたてNISAの場合は途中で引き出すことも可能です。

 

つみたてNISAは国の貯蓄から投資を促進させる政策の一環なので、気軽に投資できることもメリットの一つだと言えますね。

 

メリット③:投資初心者向けの厳選された手数料の低い商品が豊富にある

厳選されているだけあって、手数料の低い投資信託が豊富にあります。投資初心者にとっては、個別株式や債券はどれを購入すべきか選択が難しいと思います。

 

つみたてNISAで取り扱っている投資信託は、ノーロードといった手数料が0.1%程度のものもあるので、少ない手数料でいかに運用益を出していくかがポイントになりますよ。

 

つみたてNISAのデメリット

多くのメリットがある「つみたてNISA」ですが、投資に慣れている人間にとってはいくつかデメリットがあるのも事実です。

 

「つみたてNISA」をするかしないかの判断はあくまで期間を最大限に活かせるか、またその期間にうまくマッチした商品を選ぶことができるかが重要です。

 

デメリット①:損益通算ができない

つみたてNISAで損失が出ていたとしても、他の一般口座や特定口座で持っている商品の配当金や売却益と合算することができません。

 

例えば、つみたてNISAの口座で▲100万円の損失があり、他の口座で+100万円の売却益が出ていたとしても100万円分の税金を支払う必要があります。

 

運用による利益が出ているならば問題ないのですが、経済状況や選んだ金融商品によっては20年後に損失が出た状態で終わる可能性もありますので、商品の選択は最低限きちっとしておきたいところです。

 

デメリット②:非課税期間が20年間の限定的なものである

2038年以降は一般口座や特定口座と同様に課税の対象になってしまいます。なので、期間の終了間際から始めたとしても、なかなか大きな利益を得ることは難しいのではないかと考えます。

 

「つみたてNISA」はあくまで長期投資向けのサービスなので、20年間を有効に使える状況にないと使う必要はあまりないと考えていいです。

 

デメリット③:選べる金融商品は投資信託が中心である 

個別の株式や債券がなく投資信託が中心的なものになっています。

 

金融庁もホームページで「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」と書いているので、個別の株式や債券を運用したければ現行のNISAで運用するのも1つですね。

 

「NISA」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」との違い

主な違いは以下の表に書いていますが、赤字でも書いているように「つみたてNISA」の特徴はやはり「運用商品を投資信託に絞った初心者向けの長期・積立投資」になります。

 

20年間の時限措置でありながらも、早く始めれば始めるほどお得なサービスです。もしあなたが50歳や60歳でしたら、今から「つみたてNISA」を始める必要はありません。

 

長期が前提ではなくなるので、もっと良い運用方法やお金の使い方があると思います。

 

しかし、今あなたが20代や30代でしたら、「つみたてNISA」を使わないのはもったいないです。

 

▼「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の違いについて

f:id:shoonkazu:20170312065206p:plain

 

次にどんな銘柄に投資していくべきかを紹介します。いくつかポイントがあるので、それを参考にすると10年後や20年後に少し違いが出てくるはずです。

 

どの銘柄に投資すべきか

「つみたてNISA」で選ぶことができる投資信託は、基本的に長期投資向けの商品になっていますが、市場や運用方針、手数料はバラバラです。

 

これまでの動きと今後の動向を見据えて、商品を選ぶことになりますが、おすすめは下記の2点ですね。ぼくも実際に運用しています。

 

おすすめは「TOPIX連動インデックスファンド」と「ひふみプラス」

TOPIX連動のETF(上場投資信託)を購入するのがベストだと判断しています。

 

信託報酬が0.17172%以内という安さであるのも、投資対象としてメリットの1つと言えます。

 

▼過去3年間の「ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド」の推移

f:id:shoonkazu:20180919075231p:plain

 

「ひふみプラス」は日本株に投資するアクティブファンドです。

アクティブ型の商品の中でも低い運用コストと、インデックス型商品にない高いパフォーマンスが評価されています。

 

 

ここまで破竹の勢いで基準価額が上がりましたが、2018年に入ってからは少しお休みモード。今年は我慢の年になりそうです。

 

信託報酬が1.0584%と少し高いのが気になりますが、過去のパフォーマンスを考えて選定しました。

 

▼過去3年間の「ひふみプラス」の推移

f:id:shoonkazu:20180919075750p:plain

 

それと「ひふみプラス」は藤野社長の考え方が好きということもあります。

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』という本が大好きで、何度も読み返しています。

 

気になる方は以前にブログで紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 ▼参考記事

www.shoonkazu.com

 

また、人におすすめしているばかりではなく、実際に自分も運用していることを証明しておきます。

 

▼運用成績を公開

f:id:shoonkazu:20180918232446p:plain

 

運用成績は▲3,344円で評価損が膨らんでいます。

 

まだ「つみたてNISA」をはじめて9か月目ですし、長期投資が前提なので、今のところ気にしていません。

 

今後、相場が回復して評価益が積み重なっていくのを期待するしかないですね。

 

まとめ:「つみたてNISA」は若いうちから最大限活用すべし!

冒頭でも書きましたが、国が奨励しているサービスについてはなるべく活用していきましょう。運用益が非課税になる制度は、常に活用を前提にして戦略を立てていきたいですね!

 

ぼくのおすすめする優先度としては「つみたてNISA」<「iDeCo(個人型確定拠出年金)」ですね。戦略としてまずはiDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめ、その後に「つみたてNISA」を始めるのが流れとしてはおすすめです。

 

もちろんインヴァスト証券「トライオートFX」にもこれからどんどん投資していきますよ。

 

実際にFX投資をはじめてわかることも多いので、少しでも魅力を感じていただけていれば、下記から口座開設できます。是非やってみてくださいね。

 

トライオートFXの口座開設はこちらから

 

▼30代サラリーマンが簡単にできるFX投資術を公開中