投資コンパス

サラリーマン×投資×ブログで月60万円を目指すブログ

振込手数料無料の住信SBIネット銀行を使って、年間5,184円の節約ができた話

 

f:id:shoonkazu:20180915215248j:plain

 

インヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設はこちらから

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

今回は節約術の話です。

 

メガバンクやゆうちょ銀行、地銀に銀行口座を持っている人が多いと思いますが、無駄な振込手数料を支払っていませんか?

 

1回あたりの手数料は少ないかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」です。

 

ぼくの場合は最低でも家賃の支払いで月1回は銀行振込をするので、年額5,184円は無駄な支出があったことがわかりました。

 

無駄な支出があるなら、節約しないわけにはいかないということでブログでも紹介します。

 

今では振込手数料を無料になったので、余計な支出が減りましたね。

まだ振込手数料を支払っている人は参考にしてみてください。

 

 

結論から言うと、ネット系の銀行は2つくらい持っておいてもいいです。

おすすめは「住信SBIネット銀行」と「楽天銀行」ですね。

 

ぼくはアプリの見やすさで言うと、「住信SBIネット銀行」 が好きでした。

大きくスペックは変わらないので、どちらを使うかは本人次第です。

 

振込手数料は絶対に払うな!

 

まずは肝に銘じて欲しいのが「振込手数料は絶対に払うな!」ということです。

 

例えばゆうちょ銀行から毎月、他行へ家賃を振り込んでいるとすると振込手数料は…

432円×12か月=5,184円です。

 

5,000円近く節約できればアマゾンプライム会員にもなれますし、それでもお釣りがくるくらいです。いち早く住信SBIネット銀行で口座を開設しましょう。

 

また、節約できた分を「貯金」して、「投資」するのも一つの手段ですよ。

それと節約系で言うと、大手キャリアから格安SIMへの変更が最も効果的です。ぼくはLINEモバイルをおすすめしています。

 

▼参考記事

www.shoonkazu.com

 

タイトルにもありますが、せっかく自分で稼いだお金なので銀行に預けているだけで手数料が取られるのはもったいないです。

 

何が何でも銀行には「振込手数料を絶対に払うな!」ですね。

 

なぜ住信SBIネット銀行がいいのか

数あるネット銀行の中でも、なぜ住信SBIネット銀行がいいのか紹介していきます。

 

「ランク1での使いやすさ」などを比較して検討しました。

 

メリット①:「ランク1」でも振込手数料が1回無料になる

どこの金融機関も「振込手数料が何回無料になるか」については、預金額などで変わるランク表に基づいて計算されます。

 

ランクの判定条件はいくつかあり「住信SBIネット銀行」の場合は、その条件によって他行宛の振込手数料は1回から15回まで変動します。

 

ランクアップの条件は、預金額が300万円以上などワンランクあげるにも一苦労です。使いやすさを求めるのなら、「ランク1」でもサービスが充実しているものを選ぶべきだと考えました。

 

以下に「住信SBIネット銀行」と「楽天銀行」のランクアップ条件の比較表を並べてみます。

 

▼「住信SBIネット銀行」のランク比較表

f:id:shoonkazu:20170305115928p:plain

 

▼「楽天銀行」のランク比較表

f:id:shoonkazu:20180916205623p:plain

 

「楽天銀行」は最も下のランクに当たるベーシックだとATM利用手数料、他行振込手数料が全く無料になりませんが、一方で「住信SBIネット銀行」はランク1でもATM出金手数料が2回無料、他の金融機関あての振込手数料が1回無料になります。

 

なかなかランクアップが難しいという人には、最も低いランクでもサービスが手厚い「住信SBIネット銀行」に分があることがわかりますね。

 

メリット②:30代未満の若手に優しい

30才未満の場合は総預金残高が1,000円以上あれば、ランク2になるので、他行への振込手数料は3回まで無料になるわけです。

 

また、出金手数料の月5回まで無料になるので、若いうちに口座開設するだけもお得ということになりますね。これはかなりのメリットだと考えています。

 

▼ランクアップの条件表 

f:id:shoonkazu:20180916202453p:plain

 

また、自分がどのランクに属しているのか、すぐに知りたいという人は下のリンクでシュミレーションができるので、とても便利です。 

 

ランク判定チャート-お預入れの総資産 | 住信SBIネット銀行

 

 

メリット③:口座開設して6か月間は「ランク2」以上が保証されている

ランクは、毎月1日に前々月の商品・サービスの利用状況に応じて決定します。

 

f:id:shoonkazu:20170305121308p:plain

 

また、ランク適用期間は、当月(判定の翌々月)1日から月末日となります。
例えば、1月のお取引内容から決定したランクで、3月1日から3月31日までの1ヵ月間特典を利用することになります。

 

また、口座を開設してはじめの2か月間は、ランク2の状態となります。ランクアップの適用条件を満たしていようとも、ランク2のままです。

 

3か月目からようやくランクアップ条件を満たしていれば、条件に応じたランクが適用されます。はじめの半年はどんなことがあろうとも、「ランク2」が確保されているのは心強いですね。

 

▼口座開設6ヶ月目までのランク条件について

f:id:shoonkazu:20180916202828p:plain

 

半年間、「ランク2」でいることができるのはかなり良い条件です。

 

普通預金金利が目的なら楽天銀行がおすすめ

預金金利で言うなら楽天銀行に分がありますね。

 

楽天銀行はマネーブリッジを使うと普通預金金利が0.1%になりますが、一方で住信SBIネット銀行はSBIハイブリット預金を使うと普通預金金利は0.01%です。

 

その差は10倍なので、かなり大きい…!

 

預金金利が目的ならば、「楽天銀行」を使いましょう。

 

まとめ:今すぐネット銀行を1つ作れ!

とにかく住信SBI ネット銀行の口座は持っていて絶対に損なしです。これを見たらすぐに行動に移しましょう。

 

くだらない口座振込手数料とはお別れです。

 

使いやすさと金利のどちらにも魅力を感じたのなら、「住信SBIネット銀行」と「楽天銀行」を併用するのもありです。

 

普段使いは「住信SBIネット銀行」、貯金用に「楽天銀行」というような使い分けがおすすめ。

 

また、「貯金」をするなら、必ず「投資」に結びつくようにするのがベストです。

 

まずは「節約」→「貯金」→「投資」の流れを生み出せるように「節約」を意識してみてくださいね。

 

 

▼節約するならまずはこの記事を読もう

www.shoonkazu.com

 

また、貯金して貯まったお金は「投資」に回してください。

 

当ブログでは特にウェルスナビインヴァスト証券「トライオートFX」をおすすめしています。

 

実際にFX投資をはじめてわかることも多いので、少しでも魅力を感じていただけていれば、下記から口座開設できます。是非やってみてくださいね。

 

インヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設はこちらから

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

▼30代サラリーマンが簡単にできるFX投資術を公開中